パキシル
 
   
   
 



 
   

「パキシル」(塩酸パロキセチン水和物)などの抗うつ剤すべてにおける服用について、24歳以下で自殺行動が増加。米FDAが警告強化。

パキシルに関する、重要な情報の更新です。以前から懸念されていたことですが、
このほど実証された形となりましたので、以下に内容を抜粋して掲載致します。

抗うつ剤の服用に関する自殺衝動について―

米食品医薬品局(FDA)は、日本でも販売されている「パキシル」(塩酸パロキセチン水和物)などの
抗うつ剤すべてにおいて、服用することで自殺のリスクが高まるとの添付警告の対象を、
現在の「小児と思春期の患者」から24歳以下に拡大するよう精神薬の諮問委員会に提案しました。

FDAがパキシルやプロザック、ゾロフトなど11種の抗うつ剤に関する372件の
治験データ(計約10万人分)を調べたところ、18~24歳の患者を被験者としたケースで、
偽薬を服用した場合に比べて、自殺や自殺未遂、自殺願望を持った事例が有意に多かったということです。

警告の強化は自殺した患者の家族らが求めているということですが、一方、臨床医などからは
「有効な薬の使用に歯止めをかける場合もある」と慎重な対応を求める意見も出ています。
パキシル製造元の英グラクソ・スミスクライン社の今年1月の発表では、「世界100カ国以上で使われ、
1億人以上の使用実績がある」ということです。

FDAは2004年、抗うつ剤に「服用開始後の初期に小児や思春期の患者で自殺リスクが高まる」旨の
警告の添付を義務付けました。さらに今年5月には抗うつ剤を服用する若い患者に自殺衝動が
高まる傾向が見られるとして、医師に対し服用者を慎重に観察するよう警告していました。


抜粋・参照元:http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20061214k0000e040033000c.html


セロザット(Serozat)/日本名:パキシル 20mg
Copyright (C) パキシル.net All Rights Reserved.