パキシル
 
   
   
 



 
   

抗うつ剤:「パキシル」服用の自殺者増加 副作用にともなう“自殺衝動”の疑い

パキシルに関する、重要な情報です。以前もこのサイト内でお知らせしてきたことですが、
実際にデータとして表れた形となりましたので、一部、抜粋してお知らせしておきます。

自殺増加 シェア25%の「パキシル」に自殺衝動

以前にも関連の情報をお知らせしてきましたが、実際に数字として表れた形になりましたので、
ここで再度お知らせしておきます。

Yahoo!のトピックスにも掲載されたことですので既にご存知の方もいらっしゃると思うのですが、
パキシルの副作用にともなうとされる“自殺衝動”により、自殺をした人が、
昨年、一昨年と二桁の数に上りました。

パキシルの副作用と考えられる自殺者は、2004年には、1件だったものの、2005年には11件、
2006年には15件となっています。うつ病などを患う人が右肩上がりに増えるに比例して、
パキシルの服用者数も増加している中でのこの数字は、
そんなに多くはないとする見方もあるかと思うのですが、
一人一人に対するケアが薄くなりつつある、という捉え方もできます。

増加の原因は、パキシルの投与後、その経過を十分に観察できていないことなどが考えられるそうです。
特に投与開始直後は要注意です。医師はもちろん、周囲の人が注意深く見守ることが必要だと思います。


抜粋・参照元:http://www.mainichi-msn.co.jp/science/medical/news/20070628k0000m040173000c.html


セロザット(Serozat)/日本名:パキシル 20mg
Copyright (C) パキシル.net All Rights Reserved.