パキシル
 
   
   
 



 
   

パキシルの用法と用量

パキシルは劇薬に指定される薬です。
服用の際には用法・用量を守った上で使用しなければならないのは
言うまでもありません。

また、パキシルの用法と用量は以下の症状によって異なります 。

   

「うつ病・うつ状態」の場合

パキシルをうつ病や・うつ状態の方に投与する場合、

「通常、成人には1日1回夕食後、パロキセチンとして20~40mgを経口投与する。
投与は1回10~20mgより開始し、原則として1週ごとに 10mg/日ずつ増量する。なお、症状により1日40mgを
超えない範囲で適宜増減する。」

ということになります。

「パニック障害」の場合

パキシルをパニック障害の方に投与する場合、

「通常、成人には1日1回夕食後、パロキセチンとして30mgを経口投与する。投与は1回10mgより開始し、
原則として1週ごとに10mg/日ず つ増量する。なお、症状により1日30mgを超えない範囲で適宜増減する。」

ということになります。

「強迫性障害」の場合

パキシルをパニック障害の方に投与する場合、

「通常、成人には1日1回夕食後、パロキセチンとして40mgを経口投与する。投与は1回20mgより開始し、
原則として1週ごとに10mg/日ず つ増量する。なお、症状により1日50mgを超えない範囲で適宜増減する。」

ということになります。

パキシルの用法及び用量に関連する使用上の注意

パキシルの用法と用量に関しては以下の使用上の注意があります。

「本剤の投与量は必要最小限となるよう、患者ごとに慎重に観察しながら調節すること。
なお、肝障害及び高度の腎障害のある患者では 、血中濃度が上昇することがあるので特に注意すること。」

 

セロザット(Serozat)/日本名:パキシル 20mg
Copyright (C) パキシル.net All Rights Reserved.